「今こそ学ぼう西田哲学」

 担当やすいゆたか

西田哲学講義3

目次

第一講 21世紀こそ西田哲学の出番です。
https://mzprometheus.wordpress.com/2018/09/01/imn1/

第二講 生(なま)の経験を大切にー純粋経験とは何か?
https://mzprometheus.wordpress.com/2018/09/02/imn2/

第三講 純粋経験が善であるのはなぜか?
https://mzprometheus.wordpress.com/2018/09/02/imn3

第四講 倉田百三と西田哲学ー経験あって個人あるhttps://mzprometheus.wordpress.com/2018/09/08/imn4kurata/

第五講 快眠快便が一番大切ー西田哲学と禅の関わり
https://mzprometheus.wordpress.com/2018/09/14/imn5nishidatozen/

第六講 人生の悲哀こそ哲学の動機である
https://mzprometheus.wordpress.com/2018/09/18/imn6jinseinohiai/

第七講 私が輝く場所としての世界ー場所の論理とは何か?
https://mzprometheus.wordpress.com/2018/09/21/imn7basho/

第八講 今ここで己である世界と向き合うー一般者の自覚ー
https://mzprometheus.wordpress.com/2018/09/22/imn8ippansha/

第九講 永遠の今、原点回帰でいつも新鮮
https://mzprometheus.wordpress.com/2018/09/22/imn9eiennoima/

第十講 何ものにも囚われず為すべきことを観るー絶対無の自覚と行為的直観
https://mzprometheus.wordpress.com/2018/09/23/imn10kouitekichokkan/

第十一講 苦難の中にも喜びがあり、現在の中に過去や未来があるー絶対矛盾的自己同一
https://mzprometheus.wordpress.com/2018/09/29/imn11zettaimujunteki/

第十二講 物と成り切ってこそ、アイデアが浮かぶ
―物と成って考え、物と成って行う―
https://mzprometheus.wordpress.com/2018/09/30/imn12monotonatte/

紀伊國屋書店ビデオ評伝シリーズより『西田幾多郎』を紹介します。

 

 

 

 

 

広告